スポンサーリンク

下書き

スポンサーリンク
スポンサーリンク

結論からいうと使われると予想しています。その理由は最新弾の判明してるカードも含めて次の環境では優秀な光文明と闇文明が揃っているためです。

スポンサーリンク

デュエプレでアクアンが弱体化され登場

アクアンといえば規制も経験した超凶悪カードです。

光文明からみたアクアン

光文明でみれば、最強のブロッカーであるジル・ワーカ、殿堂入り経験者のミスト・リエス、そしてその2種類は種族がガーディアンであり、ジル・ワーカメタになるラルバ・ギア、使い方次第でボルメテを超えるグレナ・ビューレの存在があります。

次の環境はこれらのカードを中心に光文明は使われると予想しています。

1弾から大暴れしてるピカリエとアルカディアスといったエンジェル・コマンドのクリーチャーも引き続き環境入りできると考えられます。

アクアンの加入は大きい

しかし次の環境からはミラージュ・マーメイドより軽いコストでドローが出来るアクアンの登場とコストが軽くなったバロストの存在から呪文での対応でなくても除去とドローの処理ができるようになり、採用は落ちるとは思います。

呪文は三大シールド・トリガーのホーリー・スパーク、シールドを増やすホーリー・メールと呪文も優秀なカードが揃っています。

闇文明でみれば1弾環境で中心となったハンデスギミックのゴースト・タッチ、ゼリーワーム、汽車男、そしてゼリーワームから進化してクリーチャーを処理できるカオス・ワーム、そしてコストが軽くなり、出しやすくなったのに全体除去を持つため処理が難しいバロスト。

更に除去カードでは4マナで1対1交換が望めるデスモーリー、バロストも含めて闇文明以外を除去し、T・ブレイカーをもつバロム、最強の除去呪文デーモン・ハンド、と切り返しカードの要員とコントロールをするためのカードが充実してます。

デュエプレのルールは一枚でも同じ文明のマナがあればその文明を使用できるためアクアンが2枚だけでも最悪運用が可能となっています。

しかし、アクアンのドローに頼らない構築にしても問題ありません。アクアンそのものがサイバーロードの為、ペコタンとのコンボで使われたミラージュ・マーメイドを採用したら結果的に3枚ドローができます。また、マーチング・スプライドを事前に出しておけば確実なドローも可能です。

つまり、アクアンの3枚ドローに頼らなくても普通に勝ててしまうデッキに更に3枚ドローのギミックが入る形となる環境となるのでボルコンを一強として中心にメタが回っていた環境に大きな変化をもたらします。

また、3弾以降の先も見越すとレインボーカードが登場した場合、アクアンの強さは更に増すことになり、そこにストリーミング・ビジョンまで採用されたもうハンデスが効かないデッキが生まれる可能性もあります。

仮に今回環境入りしなくても将来的には環境入りを果たす危険があるカードであることは間違いなく、余程のインフレがない限りは環境入りするでしょう。

タイトルとURLをコピーしました