スポンサーリンク

ダイヤモンド・ブリザードがナーフ決定 デュエプレ初のナーフについて思うこと

スポンサーリンク
3弾
スポンサーリンク

5月7日メンテナンス時のカード能力の変更について
デュエル・マスターズ プレイス運営チームからお知らせいたします。

いつも「DUEL MASTERS PLAY’S」をプレイいただき、誠にありがとうございます。
先日、4月27日(月)にて告知いたしましたゲームバランスの調査が完了いたしましたので、ご報告いたします。

スポンサーリンク

ダイヤモンド・ブリザードナーフの経緯と使用率

変更内容及び経緯

第3弾カードパック『英雄の時空』発売後、ランクマッチでの対戦データを集計したところ、《ダイヤモンド・ブリザード》を使用したデッキの勝率は55.3%(1位)、使用率は25.3%(1位)となっておりました。更に、ある特定のランクでは勝率が65%を超えていることも確認されました。
これは当初想定していたゲームのバランスから逸脱するものでした。
我々運営チームは、全ランクで健全なゲームバランスをご提供することを目標としており、今回の調査結果はそれに反する内容であります。

上記のことから、《ダイヤモンド・ブリザード》のカード能力を変更する必要があると判断いたしました。

ダイヤモンド・ブリザードを砕いたときのDMPも公開

変更に伴う補償

上記の調査結果に伴い、5月7日(木)に実施予定のメンテナンスにて、《ダイヤモンド・ブリザード》のカード能力の変更及び、該当のカードを分解したときに得られるDMポイントの数値を一定期間変更いたします。

補償内容

《ダイヤモンド・ブリザード》を分解時に獲得できるDMポイントの数値を、補償期間中、以下に変更させていただきます。
ノーマル:600P → 2400P
プレミアム:1700P → 2400P

補償期間

2020年5月7日(木)メンテナンス終了後 ~ 2020年5月21日(木)メンテナンス開始まで
※補償期間終了後、分解時に獲得できるDMポイントは元の数値に戻りますので、あらかじめご了承ください。

これからのゲームバランス及び対応について

これからも皆様により良いゲームバランスをご提供し続けるべく、対戦データの集計と分析を今後も実施してまいります。ゲームバランスを調整する為、必要に応じてカード能力変更などの対応を行う場合がございます。下方修正となる場合は、当該カードを分解した時に獲得できるDMポイントの数値変更によって補償いたします。

皆様に楽しんでいただけるゲームバランスを維持できるよう注力してまいりますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

今後とも、「DUEL MASTERS PLAY’S」をよろしくお願いいたします。
デュエル・マスターズ プレイス運営チーム

ダイヤモンド・ブリザードのナーフについて(編集部感想)

ダイヤモンド・ブリザードに関しては対策が進んでいましたが、やはり「ダイヤモンド・ブリザード」をどう対処するかがデッキ構築の幅を狭めていたと思います。

また、ハンデスをしたとしても逆効果だった場合があったこともヘイトを買った原因の一つだと考えております。

また、プロモーションに失敗したという点でもダイヤモンド・ブリザードはデュエプレ初の「やからし」だったことだと思います。

そもそも3弾は「無双竜機ボルバルザーク」がリリース直前に公開され、Twitterではボルバルザークを全面的に押し出したプロモーションをしていました。

borubaruza-ku

ボルバルザークが強いのであれば広報としては成功していたとおもいますが、実際はTwitterは「ブリザードマスターズ」と揶揄され、ボルバルザークに関連するツイートにダイヤモンド・ブリザードに対するツイートが寄せられるほどでした。

実際の環境では

実際の環境はホーリースパークやバースト・ショットで耐えしのぐボルバルザークデッキがダイヤモンド・ブリザードデッキに対し強く、3弾の主役の力を見せつけました。

しかしダイヤモンド・ブリザードのほうが圧倒的パワーがあり、試合がすぐ終わるといったこと、また速攻からコントロールまでこなすことができるダイヤモンド・ブリザードはやはり多く使われ、またボルバルザークとダイヤモンドブリザードが両方採用されるなんてこともありました。

ダイヤモンド・ブリザードナーフ後の環境は?

とはいえダイヤモンド・ブリザードは墓地のスノーフェアリーを回収できなくなっただけで、進化前のサエポヨも強くナーフ後でもそれなりに強いカードであることに変わりはありません。

バトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンと墓地から《ダイヤモンド・ブリザード》以外のスノーフェアリーを、手札の上限枚数になるまで手札に戻す。その後、こうして手札に戻したスノーフェアリーの数だけ、自分の山札の上からカードをマナゾーンに置く。

バトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンから《ダイヤモンド・ブリザード》以外のスノーフェアリーを、手札の上限枚数になるまで手札に戻す。その後、こうして手札に戻したスノーフェアリーの数だけ、自分の山札の上からカードをマナゾーンに置く。

ナーフ後も決して弱い効果ではないため、なにかの自然文明のデッキに採用される可能性があります。

とはいえ使用率が下がるのは当然なので、今後はダイヤモンド・ブリザードを中心としたデッキや対策カードの採用が減り、ボルバルザークやガルザーク、ドルザークなどが環境の中心になることが予想されます。

doruza-ku

ボルバルザークデッキのレシピは下のようなものから、バースト・ショットの採用が減るかもしれません。

【デュエプレ】ボルバルザークデッキと回し方を解説 マスターランク到達レシピ
マスターランク到達の強者プレイヤー使用のボルバルザークデッキのレシピと回し方を詳しく解説しています。
タイトルとURLをコピーしました