【デュエプレ】クリスタル・パラディンの評価!水デッキ切り札の進化クリーチャー

カード解説

クリスタル・パラディンはクリスタル・ランサーと双璧をなす青の強力な進化クリーチャーだ。

クリスタル・ランサーとの最大の違いは場に出た後は、効果をもたないクリーチャーであることだが、手札にブロッカーを戻すため、自分の場にいる他のクリーチャーも必ずそのターンのみはシールドをブレイクしたり、タップされたクリーチャーをこうげきできる。

つまり、速攻性を見るならば自分のクリーチャーで一気に攻め込めるためパラディンのほうが軍配が上がる。

更にアクア・ガードを場に出してすぐ進化するのに必要なコストが合計5コストのためランサーよりも出しやすいことも強みだろう。

クリスタル・ランサーとの違い・ランサーにはない強み

デュエプレにおいてはもうひとつランサーにはない強みがある。

それはアルカディアス対策になっている点。アルカディアスの進化前で出すクリーチャーは4コスト4000のブロッカー光輪の精霊ピカリエである。

つまり、相手が5コストのときにパラディンを出せば、場にいる全てのピカリエを含めたブロッカーは手札に戻ってしまい、シールドも1枚ブレイクできる。そして、手札上限も7枚とされているためアルカディアス側はピカリエを出して手札を同じ枚数にしつづけると8枚目以降のカードはすべて墓地にいき、使えなくなってしまうのである。

もたもたしている間にこちらはランサーに進化してさらにシールドを2枚ブレイクすれば残りが3枚となり、この頃にアルカディアスを出すと今度は光以外の呪文がお互い使えなくなることが足を引っ張り、アルカディアス側の光以外のシールドトリガー呪文は使えなくなってしまうため、パラディンとランサーのこうげきだけで負けてしまうことが多くなる。

青デッキの切り札!

リキッド・ピープルの進化先としてランサーとともに入れることで、より強いデッキになる。SRと手に入れるのは大変だが、水文明のデッキを作る際はぜひ採用したい1枚だろう。

進化元としてよく採用されるカード

アクア・ガード、アクア・ハルカス、アクア・サーファーなど

コメント

タイトルとURLをコピーしました