スポンサーリンク

怪神兵ナグール -デュエプレではライバルが強すぎる悲しきカード-

スポンサーリンク
1弾
スポンサーリンク
スポンサーリンク

怪神兵ナグール

  • パワー4000W・ブレイカーアタックすると7000になり、攻撃されない
  • 攻撃されない、という耐性はアルカディアスカップの中盤辺りから強力な耐性持ちと認識され、クック・ポロンが火水速攻で採用が増加した。

「怪神兵ナグール」の評価

評価
6.5 / 10点

「怪神兵ナグール」のカードテキスト

基本情報
種族 アーマロイド タイプ クリーチャー
文明 レア度 R
コスト 6 パワー 4000+
生成 300 分解 70
イラスト Dai CV 堀総士郎
効果
■パワーアタッカー+3000
W・ブレイカー
■攻撃されない。
フレーバーテキスト
敵も見かけに騙される。

「怪神兵ナグール」の解説

パワー4000W・ブレイカーアタックすると7000になり、攻撃されない
攻撃されない、という耐性はアルカディアスカップの中盤辺りから強力な耐性持ちと認識され、クック・ポロンが火水速攻で採用が増加した。

ただ、ナグールは6コストの都合上速攻では採用されず、ボルメテコントロールだと大量の6コストS・トリガー、クリスタル・ランサー、聖霊王アルカデイアス、エグゾリウスとライバルが多数存在しているため、結果的に採用されなくなった。

ナグールの実際の強さは攻撃されないため、クエイク・ゲートによる一斉攻撃除去から逃れられる点で優秀。

そして、4000というパワーも気にならなくなり、寧ろ7000まで上がればボルメテと相打ちになる。

最悪W・ブレイカーのため、フィニッシャーにもなる。

最大の問題はライバルになるエグゾリウス

しかし、最大の問題はライバルになるエグゾリウスの方が環境的に対応力が上である、ということである。

そもそもクック・ポロンレベルの低コストクリーチャーならともかくナグールレベルのクリーチャーなら除去カードを使いたいタイミングで使えて、それほど損した気持ちにならない。

エグゾリウスはタップされてないクリーチャーをアタックできるのでボルメテより先に出して牽制することができる。ナグールは攻撃後のボルメテしか普通は処理できないためシールドが失われてしまっている。

エグゾリウスと同じレアリティなのも致命的で分解してエグゾリウスに変えてしまった方が良い、という悲しい評価を下さざるを得ないカードである。

1弾カードリストと評価

デュエプレ第1弾「超獣の始動」収録カードリスト一覧と評価
デュエル・マスターズ プレイス第1弾「超獣の始動 -MASTER OF DUEL-」の特徴 基本的に1~5弾のカードで構成されているが、のちにプレミアム殿堂カードとなるサイバー・ブレインやアストラル・リーフなどは収録されていない。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました