【三神】アルセウス&ディアルガ&パルキアGXはなぜ強いのか?ガチ考察

オルタージェネシス

ポケカのアルセウス&ディアルガ&パルキアGX概要

+30とサイド1枚獲得のオルタージェネシスGXと後続をエネ加速しつつオルタージェネシス後は180打点を出すアルティメットレイを持つ。

どちらのワザも水と鋼の異なるエネルギーを必要とするぶん強力。

鋼タイプや水タイプが登場すると真っ先に「アルセウス&ディアルガ&パルキアGX」と相性がいいかが評価の基準になると言っても過言ではない。

いわゆる「ルール干渉系」のカードであり、登場から「三神に勝てるか勝てないか」が議論の焦点になることもしばしばある。

オルタージェネシスGXはいうなれば非GX・Vポケモンを無理やりGX・V化させてしまうことである。

タッグコール・グズマ&ハラの登場

同期にタッグコールという超凶悪カードが存在する。このカードは多くのグッズと違い「使うと1枚のアドバンテージを獲得することができる」凶悪な性能を持ったグッズである。

そしてさらにグズマ&ハラの登場により「レインボーエネルギー」がサーチできるようになった。

現在のレギュレーションはレインボーエネルギーがつかえなくなったが、オーロラエネルギーが登場しより凶悪さが増した。

三神の登場以降ほとんどの非GXデッキが厳しい状況となった。

競技シーンにおいて三神に対抗できる手段があるかどうかが非GX・Vのデッキ選択の基準となった。

具体的にはロストマーチデッキのモンメンはフェアリータイプであり、三神に弱点をつくことができる。

まねっこミミッキュはアルティメット・レイを逆に利用することができ、弱点を含めて三神を一撃で倒すことができる……が、ミラー(同じデッキ同士の対決)で三神が採用することとなってしまった。

弱点がマイナータイプ

ポケモンカードにおいてもっとも簡単な対策は「じゃくてんをつく」ことだ。

アルセウス&ディアルガ&パルキアGXはドラゴンタイプであり、フェアリータイプで弱点をつくことがもっとも王道な考え方……ではあるが……

なんとソード・シールドシリーズでフェアリータイプが廃止された。そのため剣盾では弱点をつくことができるフェアリータイプはこれ以上新しいカードが出ない。

システム的に弱点をつくという対抗策が出てこないことが確約されたのだ。

ポケモンカードゲームでフェアリータイプが廃止 バランス調整のため
ポケカのフェアリータイプの廃止!?海外ポケモンカード公式ではフェアリータイプの廃止を宣言し、ソード&シールドレギュレーションではサポートを行わないことを発表しました。毒タイプは悪タイプになお、今後毒タイプは悪タイプになることも同時にアナウン

三神 アルセウス&ディアルガ&パルキアGXの欠点(対策)

無敵のように見える三神ではあるが、弱点も存在する。

まずオルタージェネシスGXの強力な「サイドを追加で1枚とる」という追加効果を発動させるためには水・鋼エネルギーが必要となる。このエネルギーを揃えられないと当然三神のオルタージェネシスGXを使うというコンセプトが崩壊してしまう。

また、後攻1ターン目から使うことはよほど上ブレしないと難しい。

(一応、メタルソーサーでザシアンVに鋼エネルギーをつけエネルギー付け替えをするなどができる。いわずもがな、その動きができる三神は凶悪)

オルタージェネシスGXを起動するまでに時間がかかり、オルタージェネシスGX発動中は攻撃ができないというハンデはやはり存在する。

さらに、オルタージェネシスGX発動後は基本的にポケモンを一撃で倒すことを想定する。

オルタージェネシスGX→ザシアンVの攻撃を耐えるVMAXポケモンに対してはやはりオルタージェネシスGXを使うという1ターン分の隙が響き、攻撃回数で劣ってしまう。

逆に言えば「やや遅めであり一撃で倒せない敵には手こずってしまう」ことが弱点であるため、三神を意識したデッキ選びをする場合はVMAX系のデッキを使用するのも一つの手といえる。

アルセウス&ディアルガ&パルキアGXを使用するデッキ 三神ザシアン

三神ザシアン・アローラキュウコンGXデッキレシピ CL可児ベスト4
シティリーグ可児ベスト4三神ザシアン・アロキュウデッキ本日『ポケモンカード シティリーグ』の大会を行いました😊事前&当日受付 61名開催‼️優勝者【つぼさん👑】準優勝【へるるんさん
タイトルとURLをコピーしました