きんのたま(金の玉)の評価と使い方 使用デッキを解説!

反逆クラッシュ

収録パック:反逆クラッシュ

きんのたまの評価

評価
6.5 / 10点
  • マグカルゴやさるぢえヤレユータンとのコンボで3枚引くことができる。非常に強力なグッズ。
  • しかし妨害札に左右されることが多く、腐ることも多い。

きんのたまの採用デッキは?

きんのたまは「自分の番のはじめに」山札からきんのたまを引くと無条件に3枚ドローができるカードだ。

溶接工やマリィなどサポートのドローでは発動しない

自分の番のドローで引く必要があるため、溶接工やマリィなどの効果で引いた場合は発動することができない。

「きんのたま」の採用が検討できるデッキ

さるぢえヤレユータン

ヤレユータンを採用しているデッキでは採用が検討できる。きんのたまを引いたとしてもデッキの上に戻すことができる。

マグカルゴ

特性「じならし」によりデッキトップをきんのたまで固定させることができる。

ヤレユータンやマグカルゴが自然に採用できるデッキなら1枚程度採用してもいいだろう。

きんのたまの欠点

一見、シンプルかつ強力そうに見える「きんのたま」だが、環境に存在するカードによってかなり左右される欠点をもつ。

マリィ

特にソード・シールドレギュレーションでは最強クラスのサポートカード「マリィ」を使われて妨害されることが多く、うまくきんのたまが発動しない。

ヤレユータンが場にいるなら、もう一度さるぢえを使うという選択肢があるが、そのターンでは全く役に立たないカードを抱えてしまうことになる。

オーロット&ヨノワールGX・リセットスタンプ

マリィなら再度ヤレユータンで戻すことができるが、上記2枚は立て直しができない。

リセットスタンプやオーロット&ヨノワールGXはデッキをシャッフルするため、デッキの上を固定する行為が台無しになってしまう。

一見強力なカードだが、妨害を受けやすく腐りやすいのが欠点といえる。

きんのたま収録 反逆クラッシュカードリスト

VMAXライジング収録カードリストと評価 通販最安値
VMAXライジングの特徴「VMAXライジング」という名の通り、VMAXポケモンが多数登場している。御三家と呼ばれるサルノリ・ヒバニー・メッソンの最終進化系であるエースバーン、インテレオン・ゴリランダーがたねポケモンとなっている。ポケモンカー
タイトルとURLをコピーしました