【デュエプレ】カード生成など デュエルマスターズプレイスβテストレビュー

βテスト

βテストプレイヤーに選ばれ、いち早く触れる機会をいただきました。

今回は実際に触れてみての良い点、悪い点を上げたいと思います。

良い点

プレイ動作がシンプルでわかりやすい

マナゾーンはカードを見るのでなく、何枚置かれているかの数字と置かれている色で判断できるため、マナコストの管理が非常に楽でした。もちろん、マナゾーンにタッチすれば、どんなカードが置かれているかも確認できます。

そして、バトルゾーンのカードもタッチするだけでアタックできたり、ブロックたの時は一度ブロックするかの判断を選択できたり、とにかくワンタッチだけで対戦は快適にプレイできました。

そして、演出をスキップする設定に変更すればよりスピーディにプレイでき、ストレスもあまり感じなかったです。

初期デッキでもらえるカードが優秀

     

初期デッキは5文明で合計5つもらえ、中身のカードが比較的優秀で全て4枚積みとなっていました。

なので、初期デッキを組み合わせるだけである程度強いデッキが出来上がります。

特に優秀なのが自然文明のデッキと水文明のデッキで自然文明には「フェアリー・ライフ」、「青銅の鎧」、水文明は「アクア・ハルカス」、「ネオ・ブレイン」が収録されています。

この4枚はどのデッキにも入りやすい必須級の強さを持っており、極端に言えばこれを4枚ずつ入れて残りでデッキを作っても十分な強さを発揮します。

そこからストーリーやランク戦で戦っていき、カードを揃えるのが良いでしょう。これらのデッキで手に入る「ベーシックカード」は分解生成不可ですが、分解する必要がないくらい十分なラインナップです。

ランクマッチにも

すでにランクマッチにも潜れるようになっています。

最初は負けても大丈夫なようなので、安心してランクマッチに潜ることができました。

https://twitter.com/DueMaApply/status/1189874634386100226

フレンド機能もあり

悪い点

カードを揃えるのが大変

企業側の金銭に関わることなのである程度は仕方ないにせよ、カードを揃えるのは難しい設定となっています。

一応、パックを買うためのコインはログインボーナスとミッションをこなしていくと手に入るが、一日にせいぜい1パック分のコインしか手に入りません。

そして、パックのVR以上の出現率が低く、三大S・トリガーの「デーモン・ハンド」「ナチュラル・トラップ」「ホーリー・スパーク」を4枚ずつ揃えようとしても至難の業となっています。

分解・生成というシステムもあり、いらないカードを分解して、欲しいカードを生成するシステムとなっていますが、これも生成の4分の1で分解となっており、まずベーリーレアを1枚作ることさえ、困難な仕様となっている。(例:コモンの生成は80必要で分解すると20もらえるが、ベリーレアは生成に800必要で分解すると200もらえる)

面白いゲームではありますが、カードを揃えるのが大変だと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました